• 「リバウンドしない」「本当に痩せる」理由
  • 他ダイエット法との違い
  • 他耳ツボダイエットサロンとの違い

耳ツボダイエットコラムブログ

ダイエットについて

「ダイエット」について勘違いしているひとが多いです。というのも、痩せた
いと思うと体重を減らそうと考える人が多いけれど、そもそも体重減少には2
つの理由がある。ひとつは“脂肪を減らすこと”、もうひとつは“筋肉を減らすこ
と”。気をつけたいのは、筋肉を減らしてしまうと、代謝が落ちてリバウンド
しやすくなったり、エネルギーが作られにくくなり体力も低下します。
理想は、筋肉をつけながら余分な脂肪がなく引き締まった身体です。効率よく
脂肪を落とすためにも、筋肉を落とさずに脂肪を減らすためにも筋トレが必要
となる。つまり、理想的なボディラインをつくるためには脂肪を減らす運動と
筋肉をつける運動の両方を行うということです。
運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があり、無酸素運動がいわ
ゆる筋トレといわれるもの。理想の身体づくりには両方とも必要となるので、
この2種類の運動の違いについて理解を深めておいて下さい。
<有酸素運動>
ランニングや水泳が代表的な運動。酸素を取り込みながら長く続けられる運動
のことを指す。酸素を燃料として脂肪を燃やすので、しっかり酸素を取り込め
るくらいの負荷で行うのがベストです。
<無酸素運動(筋トレ)>
筋肉を集中的に使うため短い時間しかできない負荷の高い運動。エネルギー源
として酸素ではなく筋肉にあるグリコーゲンを使う。ゆっくり走るジョギング
は有酸素運動、全力ダッシュのような短距離走は無酸素運動となる。
体重を落とすだけなら、脂肪も筋肉も落としてしまえば簡単に体重が落ちる。
でも、筋肉が減ると代謝が落ちて太りやすくなったり、そもそもの体力がなく
なったりと「美しい身体」とはほど遠い状態に。
運動や空腹でエネルギー不足になると筋肉が落ちて、そのあとに脂肪が分解さ
れてしまう。理想の身体作りには有酸素運動で脂肪を燃焼して、筋トレで筋肉
を減らさないようにすることがポイント。
ダイエットには有酸素運動と筋トレが両方必要というのはわかるが、実践する
にあたって効果的な運動の順番が知りたいところです。おすすめは、「筋トレ
→ 有酸素運動」の順番。
筋トレを行うことで「成長ホルモン」が分泌される。大量に成長ホルモンが分
泌されると脂肪が分解されて、脂肪燃焼効果が高まるというわけ。筋肉がつく
と基礎代謝が高くなり、運動後も脂肪がつきにくい身体になる。まずは筋トレ
で脂肪を落としやすい状態にしてから有酸素運動にトライしてみて下さい。

健志十三 大坪 秀史

健志十三 大坪 秀史

一覧へ戻る

無料カウンセリングイメージCounseling

耳つぼダイエットとはどんな原理で痩せるのか?まずは正確な知識が必要です。内容の説明、健康状態のチェックから無理なく目標体重までやせることができるかどうかまで、カウンセラーが無料でお答えします。

カウンセリングは大阪・兵庫の20か所のアクセス便利な施術院にておこなっております。
大阪・兵庫の施術院一覧ページはこちら

詳しく見る

お気軽にお問合せください

無料カウンセリング予約フォーム

ヘルシー耳ツボダイエット

無料カウンセリング予約フォーム

〒581-0869
大阪府八尾市桜ヶ丘2丁目223-2
株式会社KMC
小林整骨院グループ

無料カウンセリング予約フォーム

Copyright Ⓒ ヘルシー耳ツボダイエット All Rights Reserved.