• 「リバウンドしない」「本当に痩せる」理由
  • 他ダイエット法との違い
  • 他耳ツボダイエットサロンとの違い

耳ツボダイエットコラムブログ

ダイエットに関する栄養の知識 油編

大阪・十三のダイエット・ボディコントロールサロン、トータルケアプロデュース健志の小宮山です。

今回はダイエットに役立つ油について。

ご存知かと思いますが、三大栄養素といえば、炭水化物・たんぱく質・脂質ですね。

どれも身体にとって大切な栄養素です。

その中でもダイエットに敬遠されがちな、脂質に注目していきます。

脂質の役割

・エネルギーの産生
1グラムあたり9キロカロリーのエネルギーを産生します。
炭水化物・たんぱく質からもエネルギーは作られますが、効率は脂質の方が高く
エネルギーとしては優秀です。
使い切れずに残った場合は身体に蓄えられます。
・ビタミンを運び、吸収を助ける
脂溶性ビタミンの吸収を助けます。
・体温を保つ
蓄えられた脂肪は断熱材の役割をします。

脂質が不足するとエネルギー不足、つまり活動する力が弱まり、体力の消耗が激しくなります。
また、うつになりやすいと言われています。

油脂の種類

脂質はいくつかに分類されますが、今回は油脂の種類をご紹介します。
油脂の中に入ってる脂肪酸によって分類されます。

・飽和脂肪酸
牛肉、豚肉、乳製品などに含まれる動物性の脂肪や、
パーム油、ヤシ油、ココナッツオイルなど熱帯の植物に含まれます。
・不飽和脂肪酸
ベニバナ、コーン、オリーブ、ゴマなどの植物に多く含まれています。

特に注目されているのは不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸の分類
・トランス脂肪酸
マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどの加工油脂など
・オメガ9脂肪酸
オレイン酸が多い油でオリーブオイルやキャノーラ油など
・オメガ6脂肪酸
リノール酸が多い油で紅花油、コーン油、ひまわり油、サラダ油など
・オメガ3脂肪酸
EPA、DHA、αリノレン酸が多い油で青魚の油、えごま油、亜麻仁油など

油は摂りすぎると肥満や脂質異常症の原因になります。
不飽和脂肪酸のオメガ9脂肪酸、オメガ3脂肪酸は適量であれば、
中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあると言われています。

油の理想の摂取比率は
飽和脂肪酸:オメガ9脂肪酸:オメガ6脂肪酸+オメガ3脂肪酸
  3  :  4   :   3

が良いと言われています。

最近の食生活で不足気味なものはオメガ3脂肪酸です。
肉食が進み、青魚の摂取量が減っているようです。
食事で大切なことはバランスです。
良い油を摂取し健康にダイエットをしていきましょう。

健志十三 大坪 秀史

健志十三 大坪 秀史

一覧へ戻る

無料カウンセリングイメージCounseling

耳つぼダイエットとはどんな原理で痩せるのか?まずは正確な知識が必要です。内容の説明、健康状態のチェックから無理なく目標体重までやせることができるかどうかまで、カウンセラーが無料でお答えします。

カウンセリングは大阪・兵庫の20か所のアクセス便利な施術院にておこなっております。
大阪・兵庫の施術院一覧ページはこちら

詳しく見る

お気軽にお問合せください

無料カウンセリング予約フォーム

ヘルシー耳ツボダイエット

無料カウンセリング予約フォーム

〒581-0869
大阪府八尾市桜ヶ丘2丁目223-2
株式会社KMC
小林整骨院グループ

無料カウンセリング予約フォーム

Copyright Ⓒ ヘルシー耳ツボダイエット All Rights Reserved.